工場の仕事は体力的にきついというのは本当なのか


体力をほとんど使わず座ってできる仕事もある

求人情報誌を見ると工場の求人は比較的目立つ存在です。まず、いろいろな場所で募集されているので広告数が多いですし、募集人数も数十人単位と多かったり、給料も他の職種と比べると多めです。しかし、今まで工場で働いたことのない人にとって、工場の仕事は体力的にきついといったイメージがあり、興味を持ってもなかなか応募できないかもしれません。では、実際には工場の仕事とはどういったものなのでしょうか。まず、工場によってはずっと立ちっぱなしで確かにきついこともありますが、座ったままできる仕事も多く、必ずしもきついとは限りません。

未経験者はライン作業を行うことが多い

フォークリフトの免許などを持っていない場合、工場の仕事に応募するとだいたい配属されるのはラインになるでしょう。流れ作業を行うことが多いです。工場の求人には「未経験者歓迎」といった文面が掲載されていることが多いですが、作業内容は確かに未経験者でも可能な比較的単純なものです。たとえば、自分がいる作業台にパーツとねじが入った箱が置いてあり、基板が乗っているパレットが自分の前に流れてきたら、その基板にパーツをねじ止めし、次の作業員に流すといった感じになります。

不器用でも数をこなすことでうまく作業できるように

最初はうまくねじを止められなかったりしてうろたえてしまうかもしれませんが、回数を重ねていけば不器用な人でも大抵は素早くこなせるようになります。ただ、慣れてくると緊張感がだんだんとなくなってしまい、作業が雑になってけがをしてしまうといったことがあるので注意が必要です。緊張感を維持して単純作業を続けるというのが工場の仕事のもっとも大変な部分といえるかもしれません。

神奈川の工場の求人は、長期雇用を前提とした正社員の他、短期間で高収入を稼げる期間工や、学生や主婦も働きやすいアルバイトなどもあります。