工場求人を選ぶ時に大切なのはやっぱりこれでしょ!


工場求人は作業内容と勤務時間のどちらかで選ぶ!?

工場求人を選ぶ時に大切なのは、やはり作業内容と勤務時間、そして勤務日数でしょう。工場の作業は、工場によって様々ですが、大まかに分けると、入荷、出荷、加工、組み立て、検品などになります。また、扱うものも人力で扱える軽いものからフォークリフトやハンドリフトなどを使用しないといけない重いものまでと様々です。作業内容で工場を選ぶ時には、どのような作業をしている工場なのかをしっかり確認しておきましょう。

次に、勤務時間ですが、これも工場によって様々です。1日3時間からでOKですというところもあれば、勤務時間が12時間(実働10.5時間程度)といったところもあったりします。一昔前と比べれば、週に何日勤務したいとか、何時間働きたいなどのある程度の融通が利くようになってきているので、ガッツリ稼ぎたいのか、それとも空き時間に稼ぎたいのかによって選ぶといいかもしれません。

福利厚生にこだわる?こだわらない?

そもそも福利厚生とはどのようなものなのでしょうか。福利厚生は、雇い主である企業が従業員に支給する非金銭報酬のことです。具体的には、社会保険、厚生年金、雇用保険、その他にもたくさんあります。一昔前に比べると、正社員と派遣社員、アルバイトの福利厚生の差はなくなりつつありますが、なくなりつつあるというだけで正社員との格差はなくなっていません。福利厚生にこだわるのであれば派遣社員やアルバイトいった形態で、工場で働くのではなく、工場の直雇で正社員として働く方がいいかもしれません。ですが、特に福利厚生にこだわらないというのであれば、派遣社員やアルバイトといった形態で働いていても問題はないでしょう。

大阪の工場の求人は、大阪市内と大阪市外では傾向が違います。大阪市内には中小の工場が集中していますが、大阪市外については、郊外に大規模な工場が点在しているので、その場合は入寮を考慮する必要があります。