何処で判断する?優良なドライバー求人の見つけ方


トラックの見た目で判断する

優良な運送会社と優良ではない運送会社の見極め方として効果的なのが、トラックの見た目を見ることです。トラックの見た目が綺麗な場合は丁寧な洗車が行われている証拠だと言えます。基本的に洗車は従業員が行う会社が多いです。トラックの見た目が綺麗な会社は、従業員が業務時間を利用してトラックを洗車する時間があるという判断ができます。洗車できる余裕があるということは無理のあるスケジュールの組み方が行われていない可能性が高く、残業を強いられるケースも低いと考えられます。過密スケジュールになっていない会社は長時間労働を強いることも少ないので、優良な運送会社だと言えます。

トラックの見た目が汚い場合はトラックの整備も行われていない可能性が高いので、事故のリスクが高まります。自分の事故率を下げるためにもトラックの見た目が綺麗な運送会社を選びましょう。

福利厚生を基準に良い企業を見つける

運送会社によって福利厚生の内容は異なります。福利厚生の整っていない会社よりも福利厚生の整っている会社の方が優良な運送会社である可能性が高いです。そのため優良な運送会社を見つけたいのであれば、福利厚生の内容を基準にするのも1つの方法だと言えます。例えば残業手当以外に資格手当や育児手当といったものを支給してくれる会社は、優良な運送会社である可能性が高いです。手当の項目が多いほど、基本給以外での金銭の支給を行える余裕を持っているということになります。寮が完備されている会社も優良である可能性が高いです。寮が完備されているということは仕事以外に生活面でもサポートしてもらえるということなので、他の会社よりも社員へのサポートが手厚いと考えてよいでしょう。

『ドライバー』の仕事も色々種類があります。タクシーやバス、トラックなどさまざまです。ドライバーの求人も探してみるとたくさん出てきます。免許が取れればドライバーの幅も広がり、求人が見つけやすくなります。